• Naoki.

好きだとか、愛してるとかの、その奥にある君の望みの話さ。

君は

僕のことを好きだと言う。


だけど

いつも

僕がよければいいんだとも言う。


そこに君の感情が薄いように感じて

困っているんだ。



君を映して描こうと思って買ってきた

小ぶりのダリア。


夜の深い時間に

筆を持って

君に電話した。


一時間


結局


描けなかった。



『君を描けない。。どうしてだろう』


『。。。』




ねえ

君の声を聞くと

その吐息を聞くと

こんなにも熱くなるのに

それなのに

君が描けない。




『花ってさ

自己主張がすごいんだよ。

良い意味で。


生きていること

咲いていること

美しくあること

自分であること

その全て

誰にも遠慮がないんだ。


君の主張は?

俺に何を求めてるの?』


『。。あなたのいいようにして。。』


『それじゃ困る。。

きっと

たぶん

それだから描けないのかも。。』


『でも描いててほしい』


『じゃホカにいけってこと?』


『うーん。。。それでもいいよ?』


『は?。。』




電話を切った後

なだれ込んでくるように送られてきた

"愛してる"のメッセージ。


返せなかった。。


最後の会話からのこれは。。って

混乱してしまったから。。







今日の昼

花屋に行ったよ。


誰を描こうじゃなくて

自分自身の内側を描こうと思って

僕を象徴する薔薇を買った。


色は

今の僕の気持ちに共鳴する薔薇が

カタチ綺麗に開いていたから

このこにしたよ。


少し

自分と向き合ってみることにする。


絵は

自分の内側を映すから。

嘘がつけない。


君を描けないなら

今は

自分の内側の

ぐっと奥底にひっそりとある

広くて深い湖の

その様子を描いてみることにするよ。




ねえ

君は

僕に

何を求めてるの?


もっと

言って。

もっと主張して。


好きだとか

愛してるとかの

そのもっと奥にある

君の望みの話さ。


時に

怒ったり泣いたりしてさ

もっと伝えてよ。

こうじゃないんだとか

これがいいんだとか

"私はこうだ"って

伝えてよ。。



Naoki.