• Naoki.

君に捧げた、心の欠片。

いつもと違う朝を迎えた。

記念すべき日。


君によってもたらされた

熱い温度。


長い長い時間を一周して

君を包んだ心が

こみ上げた瞬間。







何も言葉にならないけど

残しておきたい。


そして

君にも覚えていてほしい。

少しでも

その心に

明かりを灯せるなら。


僕自身も

驚いて

夜が明けても

少し

感覚が

浮いてるけど。




ありがとう。

可愛い人。



Naoki.