• Naoki.

ブルーキャット。

夜に

君は声で

以前俺を激しく傷つけたことについて

何とかさせてほしい

言って



朝に

君は画面で

前夜に約束した予定の日をさして

この日まで笑っている

言った




『私が前みたいに泣いたりして

そしたらもっとあなたに負担をかけるなって

だから

明るく前向きに行こうと思うんです』




嬉しかった


きっと

そう伝えてくれなかったら

どうして笑っていられるんだろう

ってモヤモヤしたかもしれないし

そのモヤモヤが

君のことをますます

分からなくさせたかもしれない





いつだってそうやって

伝えてほしかった


一人で思い込んでほしくなかった


感じた瞬間だって

どう感じたのか


考えている途中だって

どこに向かって考えているのか


君の行動だって

何を思ってそうしているのか


伝えてほしかった




いつか君が

『あなたの気持ちをちゃんと感じられているか分からない』

ピッタリ隣にくっついているのに泣いた



そうやって泣いてないで

知ろうとしてほしかった


嫌われたくないと消極的になるより

好かれたいと積極的になってほしかった


愛し合いたいと伝えたとき

自信がないと尻込みしてほしくなかった




君が俺に向かう行動の全てが

本当は愛したくて愛したくて仕方がなかった叫びだったと

もっとちゃんと伝えてほしかった。。。







『こうやって声聞けてるのが幸せです』






うん

ほんとだ

確かに

こうやって声を聞けてるのは




幸せだ。




Naoki.